プロフィール
株式会社クレース・プランナーズ
株式会社クレース・プランナーズ
正門律子
(まさかどりつこ)

1975年 愛知県生まれ

1998年 南山大学文学部英文学科卒業

1998年 全日本空輸株式会社入社(国内線・国際線客室乗務員)

その後ヒルトン名古屋株式会社へ転職(コンシェルジュ)

2003年 総合マナー・語学 『クレース・プランナーズ』を設立 (代表取締役 就任)
QRコード
QRCODE

2007年02月12日

大挑戦者祭(その2)

※2/13 夕方 メ〜テレUPにて
【大挑戦者祭】の様子が放映されるそうです


前回の続き)

「分析をしようではありませんか!」
と申し上げましたが、

一言で言っちゃうとですね、

●女性(社長)というだけで、下駄を履かせてもらってる


これに尽きます。

そうなのです、



たとえ女の皮をかぶったおっさんでも

「女性」というだけで有利なのです!

(いや〜いい時代に生まれました)

何で有利かっていう理由は、
以前、講演後のアンケートで頂いたご質問に答えたものを
貼っておきますね。

 
 ↓
 ↓

================================
Q、女性社長の強みは何でしょう。

ご質問ありがとうございます。

女性社長というだけで世間に注目されやすく、自分をPR材料にしやすい事が有利な点(強み)です。注目される理由は2つ。

まず、日本の社長のうち約95%が男性という統計があるため、女性というだけで希少性があるからです。

(「同族継承」や「社内昇進」を除いた「創業」社長はさらに少ない)

(アメリカではすでに女性社長が20%を超えておりますので「女性社長」というくくりはすでに意味を成しておりません)

 続いて、終身雇用制の減少・年金制度の破綻や少子高齢化により、女性の労働力が必要とされている中で

「女性の働き方」
「家庭と仕事の両立」

等、様々なロールモデル(成功例)が世間に求められているからです。

今後3〜4年はこの傾向が続くのではないでしょうか。

 その他、職種によっては

「柔軟性がある」
「親切で、丁寧」
「きめ細かい」

など一般的に女性に対するプロトタイプ(固定観念)やイメージも有効利用できるかと思います。

正門律子


================================


Q「じゃ、女性(社長)で不利な事は何なの?」

上記につきましては、また今度
(気が向いたら)書きたいと思います。  

Posted by 株式会社クレース・プランナーズ at 22:39Comments(1)・・・