プロフィール
株式会社クレース・プランナーズ
株式会社クレース・プランナーズ
正門律子
(まさかどりつこ)

1975年 愛知県生まれ

1998年 南山大学文学部英文学科卒業

1998年 全日本空輸株式会社入社(国内線・国際線客室乗務員)

その後ヒルトン名古屋株式会社へ転職(コンシェルジュ)

2003年 総合マナー・語学 『クレース・プランナーズ』を設立 (代表取締役 就任)
QRコード
QRCODE

2011年08月04日

【コラム】3回目までのデートがうまくいく秘訣は?


お嬢の皆様こんにちは、正門律子でございまーす。
春に新しい出会いもあり、中には素敵な男性とデートの約束にこぎつけた方もいらっしゃることでしょう。

「ここで一気に距離をつめたるでぇ~」

と気合十分なあなた。

デートがうまくいく秘訣、

お知らせします。


全世界でベストセラーとなった恋のバイブル、
『ルールズ(THE RULES)~理想の男性と結婚するための35の法則~』の中で、


三回目のデートまでは絶対にやってはいけないこと


として筆者は次のようにいっております。


1、あなたの友達が二人の関係をどう評価しているのかを伝えること。

2、苦労した過去の恋愛体験段

3、「男性からこんなにやさしくしてもらったのは初めて」なんていってはダメ。 
※彼はあなたがみじめったらしい女だと思ってしまいます。

4、彼の過去の恋愛体験について聞き出そうとすること。

5、「お話したいことがあるの」と改まって真剣な顔で言うこと。 
※彼はドキリとします。

6、あなたの自慢話で彼を圧倒すること。 
※スポットライトは彼に当ててあげて。

7、あなたの個人的な悩みをぶちまけて、彼のムードを壊すこと。


本音をずっと隠す必要はなく、最初の数ヶ月間だけ我慢すればいいのです。


女性はそもそもすぐに気を許してしまいがちです。

女友達に人生相談をするのは構いませんが、デートでやってはいけません。

男性がウンザリしないように、少しずつ自分を出していくのが秘訣です。


「恋の法則」とは本来、自己中心的にならないためのものなのです。

3回目のデートまでは、とにかく無難に振舞いましょう。

もし、相手のペースに巻き込まれて
まだ彼に言うべきでない質問にまで答えてしまっては何にもなりません。


あまりにも立ち入ったときは、

ニッコリ笑って

「その話は、いまはやめておくわ」

と答えた方がずっとスマートです。


面倒を見てくれる男性を探しているという印象を与えないように、
「自立した女性」を演じてください。

これは初めてのデートだろうが、5回目だろうが、
同じことです。


デートでは深刻な話をするのではなく、

あなたの暖かさ、魅力、そしてハートを強調しましょう。


素敵な出会いが、実を結びますように。


◆本日のマナー道

========================

最初の数カ月は本音を隠し、スマートな女性を演じましょう
========================


シティリビング

『正門律子のメチャモテ!マナー道』VOL.37 原稿  

Posted by 株式会社クレース・プランナーズ at 02:06Comments(1)

2011年08月03日

アレルギー

つい先ほど、

とっても素敵な経営者お二方と
とってもすてきな寿司屋に行ってきたのですが、

つまみ始めた直後から
アレルギー?で手の甲がかゆくなってきちゃった為、
あまり食べられず。


アレルギーの原因は不明。
・・・老化暑さのせいかしらん。



※3日前に処方してもらったかゆみどめ。
手のひら、二の腕、首、背中、セクシーな部分と
痒くなったらところにすかさずぬってます。  

Posted by 株式会社クレース・プランナーズ at 23:59Comments(0)