プロフィール
株式会社クレース・プランナーズ
株式会社クレース・プランナーズ
正門律子
(まさかどりつこ)

1975年 愛知県生まれ

1998年 南山大学文学部英文学科卒業

1998年 全日本空輸株式会社入社(国内線・国際線客室乗務員)

その後ヒルトン名古屋株式会社へ転職(コンシェルジュ)

2003年 総合マナー・語学 『クレース・プランナーズ』を設立 (代表取締役 就任)
QRコード
QRCODE

2011年11月07日

【コラム】結婚後も仕事を続けるには?

お嬢の皆様こんにちは、正門律子でございます。

女性誌CREA(文芸春秋)が25~39歳の独身男性200人に実施したアンケート(2011年)によると、
妻に求める条件のひとつとして、なんと94%の男性が

「結婚後も働いてほしい」

と回答。

それは、「金銭的に厳しいため(千葉県/会社員/26歳)」という声が大多数を占めています。


かつては「寿退職」なんていう言葉がありましたが、

今では社会的および経済的理由により、
女性の仕事継続に対する意識の高まりを感じます。

では、どうすれば仕事を継続できる(会社で評価される)のでしょうか?


前回に引き続き『ルールズ2』に書いてあった【上司と同僚に対する法則】をご紹介します。


① 職場では、あまり軽々しく私生活の話をするのはやめましょう。
個人的な話や気持ちを話すことによって、親しくなる事ができると思うかもしれません。
でもあなたの上司や同僚は、あなたが無駄口などをたたかずに、
プロの社会人に徹した方が敬意を持ってくれるのです。


② 自分が得をするためではなく、会社の利益のために働きましょう。
毎日「どうすればもっと会社に貢献して顧客を助ける事が出来るだろう?」と考えてください。

良い子ぶっているなどと思ってはダメ。
ビジネスは生き馬の目を抜くようなものです。
でも会社の為を思って行動すれば、あなたは自然に必ず成功するのです。


③ 自分の昇進のことや、昇給のこと、いかにバレないように怠けるか
などということばかり考えていてはいけません。
質のいい仕事をすること、有能な人材になるようにこころがけていないと、あなたはそのうち自己嫌悪に陥るでしょう。


④ 目先のことばかり考えて自己中心的にならないように。
周りの人は、すぐにあなたのそのようなやり方を嗅ぎつけて、嫌われ者になってしまいます。


⑤ 長時間ダラダラ仕事をしないこと。
きちんと私生活も楽しんでください。仕事だけが人生のすべてではありません。
あなたの人生全体が充実していれば、仕事の能率ももっと向上します。


上記①~⑤を忘れなければ、

たとえ職場が変わっても、
出産や子育て、予期せぬ病気やけがで一時期キャリアにブランクができたとしても、
あなたは生涯仕事を続けられるでしょう。


================
本日のマナー道:

今、一生懸命成果を出すことが
将来、あなたのキャリアを救います
================

シティリビング

『正門律子のメチャモテ!マナー道』VOL.39 原稿
  

Posted by 株式会社クレース・プランナーズ at 15:55Comments(1)